日焼け止め「SPF」と「PA」の違いと適切な選び方

この記事を書いた人(サイト運営者)
廣野沙織(ひろのさおり)

フリーランス管理栄養士。
主な活動はレシピ開発や記事執筆、食事指導、食関連サービスの監修など。
詳しいプロフィールはこちら

廣野沙織(ひろのさおり)をフォローする

日焼け止めでよく見かける、「SPF」や「PA」という表示。これは何を示しているかご存じでしょうか?

「SPF」と「PA」は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標です。

それぞれの違いをきちんと理解することで、利用シーンや肌の悩みに応じて、どんな日焼け止めを選ぶべきかわかるようになります。

ここでは、SPFとPAの違いと、適切な日焼け止めの選び方をご紹介します。

 

SPFとPAの違い

UVB対策に効果的な「SPF」

「SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、色素沈着につながるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数です。

1〜50+までの数値で表され、何も塗らない場合に比べてUVBによる炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しています。

数値が大きい方がUVBに対する防御効果が高いことを示しています。

 

UVA対策に効果的な「PA」

「PA」とは長時間かけて肌の弾力を失わせるUVA(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安です。

4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UVAに対する防御効果が高いことを表しています。

▼以下の記事ではUVAとUVBの違いや肌への影響について紹介しています。

UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の違いと肌への影響
紫外線を浴びることで肌はダメージを受けます。地上に届く紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類があり、それぞれ肌に与える影響が異なるのをご存知でしたか?ここでは、UVAとUVBのそれぞれの特徴や肌への影響、...

 

適切な日焼け止めの選び方

日やけ止めには多くの種類があり、それぞれUVカット効果(SPF、PA)や使用シーンなどに合わせた特長があります。

生活シーンや、活動する時間帯や場所によって適切なUVカット効果は変わるため、それらを考慮したうえで、日やけ止めを選ぶことが大切です。

 

以下はシーン別のおすすめUVカット効果です。ぜひ参考にしてみてください。
※出典:日本化粧品工業連合会編「紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果」より

生活シーンに合わせたUVカット効果

  • 日常生活(散歩、買い物など)
    SPF10前後/PA+程度
  • 屋外での軽いスポーツやレジャーなど
    SPF10~30/PA++程度
  • 炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツなど
    SPF30~50/PA++~+++
  • 非常に紫外線の強い場所(海外や過酷な環境での長時間活動など)
    SPF50+/PA++++

 

SPFとPAの違いを知って適切な日焼け止め選びを

UVB対策に効果的な「SPF」と、UVA対策に効果的な「PA」。

利用シーンや肌の悩みに応じて、適切なUVカット効果をしてくことが大切です。

正しい紫外線対策をして、健康で綺麗な肌をキープしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました