白身魚とアスパラのレモンクリーム煮

この記事を書いた人(サイト運営者)
廣野沙織(ひろのさおり)

フリーランス管理栄養士。
主な活動はレシピ開発や記事執筆、食事指導、食関連サービスの監修など。
詳しいプロフィールはこちら

廣野沙織(ひろのさおり)をフォローする

素朴な味が美味しい自家製ホワイトソースに、レモンの風味が加わることでさわやかな雰囲気に。
レモンとアスパラ、じゃがいもでビタミンCたっぷりのおかずレシピです。

ビタミンCは肌のターンオーバーを促進したり、メラニン色素の沈着によるシミなどを防ぐはたらきがあります。

 

 

材料(2人分)

  • 白身魚(タラなど) 2切れ
  • じゃがいも(中) 1個
  • アスパラ 2本
  • マッシュルーム 2個
  • レモン 1/2個
  • バター 15g
  • 薄力粉 大さじ1+1/2
  • 顆粒コンソメ 小さじ1
  • 牛乳 1カップ

 

 

作り方

  1. じゃがいもは皮付きのまま水で洗い、一口大の大きさに切る。耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをし600Wの電子レンジで3分間加熱する。
  2. 白身魚は一口大に切る。アスパラは皮を剝き、斜め切りにする。マッシュルームは軸の固いところを切り落とし、スライスする。レモンは薄い半月型に2枚切り(トッピング用)、残りは果汁を絞る。
  3. 鍋にバター半量を入れて加熱し、弱~中火で白身魚をソテーする。中まで火が通ったら一度取り出す。
  4. 鍋に残りのバターを加え、アスパラとマッシュルームを炒める。①のじゃがいもを加え、さっと炒め合わせたら薄力粉を具材全体にまぶし、軽く炒める。
  5. 4.に牛乳とコンソメを入れ、かき混ぜながら加熱を続ける。ふつふつとし、とろみが出てきたら白身魚を戻し入れ、レモン汁大さじ1+1/2を加えてやさしく混ぜ合わせる。
  6. 器に盛り、半月切りにしたレモンを添える。

 

 

具材全体に粉をしっかりまぶしてから牛乳を加えて加熱すると、手軽にホワイトソースができる上にダマも出来にくく失敗しらず。
牛乳は長時間加熱に向いていないので、やわらかくなるまで時間がかかるじゃがいもはレンジで予備加熱しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました