半熟卵とアボカドのデリ風サラダ

この記事を書いた人(サイト運営者)
廣野沙織(ひろのさおり)

フリーランス管理栄養士。
主な活動はレシピ開発や記事執筆、食事指導、食関連サービスの監修など。
詳しいプロフィールはこちら

廣野沙織(ひろのさおり)をフォローする

栄養価が非常に高いアボカドと卵がメインのデリ風惣菜。

アボカドは抗酸化作用の強いビタミンEを豊富に含んでおり、紫外線のダメージから肌を守ってくれます。
また、ビタミンEには血行を促進し、肌の隅々の細胞まで栄養を届ける働きも。

卵は良質なアミノ酸が豊富な食材です。日々取り入れることで、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を健康的に維持することができます。

 

 

材料(2人分)

  • アボカド 1個
  • 卵 2個
  • ハーフベーコン 2枚
  • 玉ねぎ 1/6個
  • サラダ油 大さじ1/2
  • マヨネーズ 大さじ1~1+1/2
  • 塩・胡椒 少々

 

 

作り方

  1. 鍋にお湯(分量外)を沸かし、卵を入れ7分間茹でる。水で冷却し、殻をむいて8等分に切る。
  2. 玉ねぎは細切り、ベーコンは食べやすい大きさに刻み、サラダ油をひいたフライパンで炒める。
  3. アボカドは包丁で縦に切り込みを入れ、半分に切る。種を除き、皮をむいて一口サイズに切る。
  4. ボウルにゆで卵、アボカド、玉ねぎ、ベーコンを入れ、マヨネーズを加えて和える。塩コショウで味を調える。

 

 

マヨネーズでコーティングすることで、アボカドの変色をある程度防ぐことができますが、なるべくなら早めに食べるのがおすすめです。
沸騰したお湯に入れて7分間茹でると、扱いやすい半熟卵に仕上がります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました